ブログ

ブログを毎日更新する効果は?【意味がないパターンとあるパターン】

ブログの毎日更新は効果があるのか解説

やあ(`・ω・´)ゞおてもとブログのおてもと(@otemotoblog_com)です。

ブロガー初心者の方は、いろいろなブロガーの人の話を聞いて、とりあえず「毎日更新」しておけば良いと思っている人が多いと思います。

毎日更新しているけど本当に効果があるの?
ブログを毎日更新したいけど、続かない...

そんな人のために、毎日更新をしていて効果があるパターン・ないパターンを解説し、毎日更新の意味を知った上で、毎日ブログ記事を更新する方法もお教えします。

初心者ブロガーや自分のブログが伸び悩んでいる方はぜひ一読してみてください。

記事難易度
この記事でわかること

  • ブログを毎日更新する効果がわかる
  • 意味があるパターンとないパターンがわかる
  • ブログを毎日更新する方法がわかる

読んだほうがいい人

  • 初心者ブロガーの方
  • ブログの毎日更新が続かない方



ブログを毎日更新するメリットとは?

実際のサーチコンソールのサマリー

ブログの記事は、SEOが効いて上位に表示される、もしくはその記事本来の順位に反映されるまでに3ヶ月は必要と考えられています。今書いている記事は、3ヶ月先の自分のために書いていると思うのが自然でしょう。

例えば毎日更新する場合と2日に1回更新する場合は、単純に毎日更新のほうが記事数が多いため、2日に1回更新よりも2倍成果がでるということになります。

それに伴いGoogleのサーチエンジンも徐々にそのブログの更新頻度を考慮して、SEOを上位に上げやすくなったり、ドメインパワーが上がるという嬉しいこともあります。

また、毎日更新することで執筆の体力がつき、ブログ活動中にバテない・息切れしないというメリットがあります。

まとめると...

  • 毎日更新することで3ヶ月後の自分に還元される
  • サーチエンジンの評価が得られやすい
  • ブログ記事の執筆の体力がつく

但し、注意しておきたいのが、SEO上位に表示できる記事を量産できるライティング力があればの話です

質の低い記事が多ければ、その分SEOの順位も下がりますし、成果や収益には繋がりません。最初のうちはどのようにすれば質が良くて、記事を早く書けるか洗練していく必要があります。

毎日更新で成果が出るっていうのは誤解を生みやすいよね
わん吉くん
おてもと
正確には質が良くて、執筆スピードが早くなってから毎日更新した方がいいんだ
参考
ブログの執筆時間かかりすぎている人に送るアドバイス
私のブログ執筆時間かかりすぎ…挫折しない2つの技術を解説します



毎日更新で意味があるパターン

毎日更新で効果が得られやすいパターンをまとめました。

意味があるパターン

  • SEO的にもセールスライティング的にも質が高い記事がかける場合
  • キーワードの選定が正確で、記事の内容もそれに対応している

この2つが満足していれば、毎日更新で効果が確実に得られるでしょう。既に実績が有る方は愚直に実行してみてください

しかし、ブログ初心者やまだ収益が1円もでていない人は以下の毎日更新しても意味がないパターンにハマり、結果ブログを辞めるということになる可能性があります。

質の高い記事は初心者のうちから書けるわけがないなぁ~
わん吉くん
おてもと
初心者にとっては夢物語、意味がないパターンにハマってしまうんだ



毎日更新をしても意味がないパターン

失敗のイメージ

このパターンの人は今すぐ毎日更新を止めて、自分のブログ活動をもう一度見つめ直した方がいいでしょう。

意味がないパターン

  • 質の低い記事を書いてしまっている(3ヶ月後も成果が出ない・結果がまだでていない)
  • キーワードの選定がよくわかっていない
  • セールスライティングがまだ勉強不足である
  • ブログのデザインや方針などが決まっていない

ブログという活動は、最初の慣れるまでにかなり時間がかかります。上記のようにまだ記事の書き方があまり良くわかっていない人は、毎日更新しても意味がないです。

始めて1ヶ月のうちは、どんだけ時間がかかっても、ブログの勉強をしながら記事を書いていくことをおすすめします。

慣れてきてようやくブログのコツがわかってくるのが約1ヶ月なので、それくらいになったら毎日更新をはじめて、記事の執筆する体力をつけて、更に改善のサイクルを回していきましょう。

記事を書いていくうちにようやくコツやテクニックがわかってくるんだね
わん吉くん
おてもと
だんだん慣れてきてから毎日更新を始めればいいんだ



ブログを毎日更新し続ける方法

ブログを毎日更新し続けるには、やはりテクニックが必要になっています。私が実践しているテクニック3つをご紹介するので参考にしてみてください。

ブログを書く時間をつくる

まずはあなたがブログを書く時間を増やす必要があります。ブログを書く時間がなければ毎日更新はできません、最低でも1日3時間は確保しておきましょう。

時間改善前改善後
6:00睡眠起床
7:00起床ブログ
8:00通勤通勤
9:00仕事仕事
10:00
11:00
12:00
13:00昼休み昼休み(ブログ)
14:00仕事仕事
15:00
16:00
17:00
18:00スマホ筋トレ
19:00晩飯晩飯&風呂
20:00風呂ブログ
21:00ブログ
22:00
23:00Youtube
0:00睡眠睡眠

上記の図のように私が以前、ブログの毎日更新を達成できなかった時期の生活サイクルです。このように図に書き出して、無駄を見つけて改善していき、ブログの時間に当てましょう。

スマホや朝はやく起きてブログを書けないかなど、改善できるところを探ろう!!
わん吉くん

改善した結果、1日2時間だったブログの執筆時間が約5時間に増えました、改善前より2倍はブログを書く時間が確保できたと思います。もし、ブログの毎日更新が達成できない方は、一度自分の生活を見直してみてください

時間がなければなにもできない、僕も二度寝を直さなきゃ!
わん吉くん



ブログを書く時間を減らす

2つ目のテクニックは「ブログを書く時間を減らす」です。

これはブログの1記事に対する執筆時間を減らすという意味で、もちろん質も高いものでなければなりません

私はブログを始めた頃は1記事に5~6時間費やしていました。これでは毎日更新の前に挫折してしまいます。記事を書くときに効率を求め、記事を書くたびに「どうすれば早く書けるのか」を考えました。

ブログを始めて約3ヶ月ほどで、1記事の執筆が2~3時間に減りました。始めた頃に比べると約半分減り、当時の2倍は記事を書けるということになります。

詳しいブログの「執筆時間の減らし方」「執筆時間の作り方」は以下の記事にまとめているので、こちらをぜひ参考にしてみてください。

おてもと
まとめきれないから別記事で解説するよ~
参考
ブログの執筆時間かかりすぎている人に送るアドバイス
私のブログ執筆時間かかりすぎ…挫折しない2つの技術を解説します



1日2記事以上作れるようにする

ブログのイメージ画像

ブログの執筆時間をつくる」「ブログの執筆時間を減らす」を達成できた方は、「1日2記事作れるようにする」を実践しましょう。

人間誰しもサボりたい日だってありますし、忙しくてブログに手を付けられない、そんな日もあります。

そんな日を想定して、1日2記事かければその日はブログを書かなくてもよくなり、精神的にも安定します。

例えば1日2記事を毎日続ければ、1ヶ月の半分で30記事の1ヶ月分の記事を確保できます。つまりブログを書かなくてもいい日が15日もらえるのです。

そのような日を作り、休みの日はブログのネタを探したり、思いっきり遊んだりして、疲れを癒やしたほうが効率がいいので、是非実践してみてください。

おてもと
当ブログも5日ほどの記事ストックがあるから余裕を持てたんだ
なるほど~正直に1日1記事書いていたらストレス溜まるわな
わん吉くん



ブログを毎日更新する効果まとめ

この記事のまとめ

これだけ覚えよう!!

  • ブログの毎日更新は、慣れてきてからすること
  • 毎日更新するには執筆時間をつくる・減らすを実行する
  • 1日2記事以上書いて、精神的に余裕をもたせよう

以上ブログの毎日更新の効果と毎日更新し続ける方法でした。

もし、毎日更新のモチベーションが下がっている・毎日更新が続かないという方はぜひ実践してみてください!!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

おてもと

おてもとブログ 平日8時間働きながら、副業としてブログを書いています。 楽天アフィリエイトで収益4桁達成、ワードプレスのサーバー代やドメイン代が稼げるようになったのでブログを立ち上げ収益化を目指す!!

-ブログ
-

© 2022 おてもとブログ Powered by AFFINGER5