楽天

楽天モバイルの失敗しない端末の選び方

こんにちは、最近キャリアを楽天モバイルに変えたおてもとブログです。

楽天モバイルは本当に今までのキャリアの中で群を抜いたサービスで、1年間のスマホ料金の無料というサービスが発表されたときは、多くの方が度肝を抜かれたと思います。

楽天モバイル対応の端末が色々出ていますがどれを買ったらよいかというのは誰しもが迷うはず、今回の記事では私が楽天モバイルに変更したときに結構悩んだ端末の選び方について解説したいと思います。(Andoroid限定です)

難しい話はいらん‼結論だけ教えろという方にはコレをおすすめ‼

スマホ選びでまず必要になるのが、CPUやROM、ストレージやインチ、サイズの話から始めなければなりません。けれども「そんな難しい話聞きたくない」「結論だけ教えろ‼」という方もいると思います。

そんな方におすすめなのが「OPPO Reno A」です。

この端末はこれから説明するCPU、ROM...等のスマホを快適に使う上で必須とも言える各項目を十分に満たしている、もしくは超えている端末であり、かくいう私もこの端末にしていて日頃使用していますがこの端末にして後悔は無いと言えるほど高性能な端末です。

なんとかしてデメリットを上げるとすれば「クソデカスマホ」この一点くらいです。
けれどもコレほど高性能なスマホをこのコストパフォーマンスで、しかも楽天ポイントまでつくのであれば買わない人はいないと思っていおり、クソデカスマホという欠点でさえも許せるほどのポテンシャルを持っています。

「それってホント?OPPOの回し者?」という方はこれから説明する各項目に目を通してください、きっと私が言っていることがわかります(*゚∀゚)

CPUの基礎

最初に端末を選ぶ上で必要不可欠なCPUから学んでいきましょう。
CPUとは簡単に例えると「人間の頭脳、IQ、頭の良さ」であり、スマホに搭載されたCPUの性能によって動作のパフォーマンスが違ってきます。

頭の良いCPUが搭載されたスマホではアプリケーションの動作がサクサク動くようになり、動画は読み込み数秒で視聴可能に、タスクの同時進行で作業が進めることができます。

頭の悪いCPUが搭載されているスマホではその頭脳に見合わない動作をさせたとき脳みそがパンクして結果アプリの処理落ちや読み込みのグルグルを永遠に見つめることになります。

以前私が使っていたスマホは頭脳があまり良い方ではなく、特殊なケースですがGoogleの検索でサイトに行き、戻るボタンを押すとアプリが処理落ちしたり、タスクバーのアプリを開くと再読み込みして時間がかかるというイレギュラーなエラーが発生します。

「アプリが悪い」とお問い合わせに言っても結果自分の端末の頭脳が悪いという結論に至りますが、カスタマーセンターの方はそのようなドストレートなことは言わないので不毛な時間が過ぎてしまいますのでCPUはできるだけ頭のいいCPUを選んでください。

じゃあCPUはどれを選べばいいの?

CPUはほとんどが 「CPUの名前 + CPUのバージョン(基本数値が高いほど高性能)」と名前がついています。 CPUは主に「Snapdoragon」「Kirin」が有名です。

CPUが快適に動作する条件としては「Snapdoragon 630(詳しく言うなら636以上)」「Kirin710」以上がおすすめです。 それ以下のCPUは動作が遅い、何かしらの不具合が起きているような端末が多いです。

楽天モバイルの端末のCPUは下記の表のようになっています。

言ってしまうのも大変恐縮ですが楽天モバイル端末にはCPUの観点から見て3台地雷がありますね、
上記の表で「✖」となっている端末「AX7」「AQUOS Sense2 SH-M08」「arrows RX」です。

この3つはとっても安く目が惹かれやすい端末ですが、その安い理由がCPUの性能を抑えているからなのでおそらくこの端末を買ったとしても快適なスマホライフを送ることは不可能でしょう。

ROMとRAMについて

スマホを選ぶ上で2つ目に大事な点はRAMです。この段落ではRAMとROMを両方解説していきます。
まぁ覚えるのは簡単です、「名前は同じようで紛らわしい!!」と思う方もいると思いますが、例えると右か左かのような違いだけですからね(*´∀`*) このように頭を洗脳して苦手意識をなくしましょう。

RAMとは

RAMとはスマホが動作する時の作業枠です。簡単に例えると会社で使っているあなたの机のことです。

RAMの容量が小さいとどんなにCPUが頭が良くても作業する枠が小さければ作業が捗りません。あなたが会社に入り支給された机がめちゃくちゃ小さくてすぐに書類や資料で溢れかえってしまうような机だと、最早いじめを疑ったほうが良いでしょう。このようにRAMの容量が小さいとスマホが過労死します。

反対にRAMの容量が大きいとどうなるかというと作業する枠が増えるのでスマホのCPUが多少性能が低くてもそれをカバーすることができます。 あなたが会社で使っている机がとてつもなく出かければ書類の整理は朝飯前、多少大きなPCを買っても邪魔にならずむしろ仕事が捗るでしょう。
私のような社畜は大きい机より、課長と顔を合わせなくて済むリモートワークを取り入れてほしいです。(切実)

さてスマホのRAMは最低でも4GB以上はほしいところです。逆に4GB以下のスマホは現在の社会では動作しないのも同然と思ったほうが良いでしょう。以前使っていたスマホは2GBだったのですが、アップデートを重ねてくうちに動作がどんどん重くなってきておまけにCPUも頭悪いのダブルパンチで買い替え前はスマホというより鉄くずに近かったです(笑)

ROMとは

ROMとは画像や動画、音楽などを保存することができるストレージのことです。
簡単に例えると倉庫のようなものです。倉庫が大きければとてつもない量のが保存できます、
あの大手Amazonの倉庫は写真を見るだけでも圧巻ですが、○国のような小さい倉庫に物をぎゅうぎゅうに詰めた倉庫だとフォークリフトがぶつかった拍子に倉庫の棚がすべて倒れ従業員が下敷きになります。コレと同じようにROMの容量が小さいとアプリや動画がインストール、保存できません。

「あっ今の写真ベストショット!!」と思った写真が容量が一杯で保存できませんとか、「アプリインストールしよっと」とインストールボタンを押した結果いつまで立ってもインストールされない、、そんな悲劇を味わいたくなければ最低でもROMは32GBは必要でしょう
「32GBは多くない?そんなに使わないよ」という方もいると思いますが、スマホの進歩はものすごいスピードで進んでいます。これからの未来ROMの3~4割はシステムアップデートで使用されると思ったほうがいいでしょう。そのための32GBです!! 写真や動画、音楽を沢山入れたいという方は64GB、128GBを選ぶといいでしょう。

画像で丸わかり!! ROMとRAMの各端末の比較表

楽天モバイル対応の端末でRAMとROMを表にまとめたので見てみましょう。

さすが、次世代スマホ!!  ROMに関しては32GB以上は当たり前になってきていますね!!

けれどもRAMさん...てめぇは駄目だ、4GB以下の端末が4台ありますねぇ...
「arrows Rx」に関してはCPUも性能が低いので買わないほうが無難だと思います、けれどもあなたのおじいちゃん、おばあちゃん世代はスマホの主な使用は通話やメールだと思うので、性能を落として値段で決めるのもありかと思いますよ!! 元気出せarrows Rx!!

各種便利機能を紹介 参考程度に見てって!!

最後に各種機能を紹介!! けれどもこれはあくまで必須とまでは行きませんが、個人がつけたいなぁと思うレベルなので機能が搭載された端末を選ぶかは自分で決めましょう!!

バッテリー容量

スマホと言えば充電を100%にして何時間持つかどうかも重要になってきます。スマホの稼働時間はスマホに記載されたバッテリー容量で決まります。一日中会社や学校で使用して帰って充電するサイクルだと仮定して最低でも3000mAh、4000mAh必要です。
ですが、このバッテリー容量は年々少なくなっていくものなので2年ほど経つとスマホの稼働時間がだんだん減っていくので注意です。

最近はモバイルバッテリーがあるのでそれを持っている方にはあまり関係ないかもしれませんが一応気にしておく項目と言えるでしょう。

おサイフケータイ

今、この時代はキャッシュレス時代です。あなたは買い物での決済方法は現金ですが? それともクレジットカード、〇〇ペイでしょうか? いずれにせよ現金を持つ時代はとっくに終わっており、今はスマホ決済で完結する時代です。そんなときに便利なスマホ機能がおサイフケータイです。
この機能はスマホにキャッシュ機能が搭載されているのでレジのICリーダーに"ぴっ"とかざせばあっという間に決済が済むのです。

今の時代を生きるのであればおサイフケータイ機能は必須機能と言えるでしょう。

防塵/防水

防塵/防水機能ですが、あったらつけるというような機能です。 

例えばお風呂で動画を見る、お風呂で本を読む習慣のある方はピッタリの機能で、逆に習慣が無い方でも「うっかり水に落としてしまった!!」など不測の事態でも対応できるので防水/防塵機能はあったら便利程度です。

また、水没のリスクが避けられるので、楽天モバイルの修理交換サポートに入らなくても済みます。

指紋認証/顔認証

あなたはスマホを起動するとき毎回毎回パスワードを入力していませんか? 顔認証、指紋認証はこの動作を減らすことができます。

私が初めて使ったときは感動しました、設定はあるものの、一瞬でスマホを開けるのでかなり楽になりました。

また、他のアプリでも利用することができるので、二重ロックすることができます。

画像で丸わかり!! 各種機能の有無を表にまとめました。

個人的には丸がたくさんついているほど良い端末だと思っています。逆にバツが多い端末はこの時代不便に感じると思いますが個人の価値観なのであなたが今一番ベストだと思うものを選びましょう!!

最後に金額と各種スペックと相談して決めよう!!

最後に金額とコレまでに紹介した表を一覧にした表をあなたにプレゼントします(ウイルスじゃないよ!)

楽天モバイルの公式サイトはかなり比較が難しいのでわかりやすいようにExcelでまとめました、自分にあった端末を探せるようにフィルターを使って条件を絞ってください、きっとあなたにピッタリの端末が出てくるでしょう。↓

最強の端末はこれだ!!

上記で紹介した端末の最低限はほしいスペックとその他の機能が全てある端末は上記の表の端末のみです。上に行くほど端末のスペックが高く、値段が張るものになり、下に行くほど端末のスペックは抑えられ、値段も安くなっていきます。

1.Galaxy Note 10+

2.Galaxy Note S10

3.AQUOS Zero SH-M10

4.AQUOS R2 compact SH-M0

5.AQUOS Sense3 Plus

6.OPPO Reno A 128GB

その中でもおすすめなのが冒頭で紹介したOPPO Reno A 128GB です、その理由が上記の端末と比べてスペックが高いのにも関わらず、値段が3万円台という高いコストパフォーマンスを実現させているからです。

自分も使っていますが、特に目立った不具合はなく快適に過ごせています。おそらく上記の端末も快適にスマホライフを送れると思います。

まとめ

何れにせよ、あなたが決めた端末が最高の端末です。あなたが選んで楽しくお買い物をしましょう。

この記事を読んでくれてありがとう!! この記事があなたの役に立てば嬉しいです!!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

おてもと

おてもとブログ 平日8時間働きながら、副業としてブログを書いています。 楽天アフィリエイトで収益4桁達成、ワードプレスのサーバー代やドメイン代が稼げるようになったのでブログを立ち上げ収益化を目指す!!

-楽天
-

© 2022 おてもとブログ Powered by AFFINGER5