楽天

楽天Koboのスリープカバーが必要・不要な3パターン[一発でわかる]

楽天Koboのスリープカバーは必要か?不要か?

やあ(`・ω・´)ゞおてもとブログのおてもと(@otemotoblog_com)です。

楽天Koboの電子書籍リーダーのカバーをについて必要なのか、不要なのかは実際に使ってみないとわかりませんよね。

今回は楽天Kobo端末を愛用している私が楽天Koboを実際に使用してみてカバーが必要なのか、不要なのかをはっきりと伝えたいと思います。楽天Koboのカバーが必要なのか一発でわかるので迷っている方は是非参考にしてみてください。

おてもと
楽天Koboを実際に使ってみた感想は以下の記事に詳しく書いたのでまだ見ていない人は見てみてください!
参考
楽天の電子書籍リーダー「kobo libra h2o」をレビューしてみた。
楽天の電子書籍リーダー[kobo libra2]をレビューしてみた。
記事難易度
この記事でわかること

  • 楽天Koboの端末のカバーが必要か不要かがわかる
  • カバーはどんな役割をしてくれるかがわかる
  • 楽天Koboのカバーをお得に買える方法がわかる

読んだほうがいい人

  • 楽天Koboのカバーが必要なのか迷っている方
  • 楽天Koboのカバーをお得にゲットしたい方



結論楽天Koboのカバー問題は3パターンに分かれる

楽天Koboのスリープカバーの必要、不要な人の3パターン

楽天Koboのカバーって結局いるのかなぁ、余計な買い物をして損をしたくないよ~
わん吉くん
おてもと
実際に端末を使って分かったけど、楽天Koboのカバーが必要・不要なパターンは3パターンあるんだ。

必要・不要な人の3パターン

必要な人
防水仕様の端末でお風呂などで読書をする人
Kobo Sage限定でモバイルバッテリー付のカバーを使用したい人
不要な人
お風呂で読まず、Kobo Sage以外を使用している人

私が実際にKobo端末を使用してみた時に感じたのがこの3パターンです。楽天Koboのスリープカバーは表面はプラスチック製ですが内面は布製(フカフカしている)なので水を吸収してしまいます。なのでお風呂で読むときはいちいちスリープカバーを外してからじゃないと読めません。

おてもと
しかも結構スリープカバーは取り外しにくいんだ~

なので「お風呂で読むよ」という方はスリープカバーは買わなくてOKです。私はKobo libra(防水仕様)とスリープカバーを買ったのですがスリープカバーは使っていません。

また、必要なパターンとしてお風呂で読まない、もしくはKobo Sage限定でモバイルバッテリー付のスリープカバーがあるので充電頻度が高い人はSageのスリープカバーを検討してみることをお勧めします。

Kobo Sage パワーカバー ブラック

しかしながらKoboの端末もバッテリーの持ちが良いのでバッテリー付きのスリープカバーは読書をめちゃくちゃする人以外はいらないと思いますが、よくスマホを落してしまうという方はカバーを付けることをおすすめします。

おてもと
携帯は落とさないけどKobo端末は軽いから結構落としちゃうんだ。
Koboの重さは150~250g程度だから落としたときにひび割れる可能性は低いけど念のためにはほしいかなぁ。
わん吉くん



カバーの役割・メリット

楽天Koboスリープカバーのメリット

おてもと
落としたときに守ってくれるだけじゃなくて、楽天Koboのカバーにはこんな役割やメリットもあるんだ。

ココがGOOD!!

  • 落下した時に端末を守ってくれる(主にディスプレイ割れなど)
  • 指紋やゴミなどからディスプレイを保護することができる
  • スリープカバーが自立して立てられるので机の上に置きながら読める
  • カバーをデコレーションできる
  • モバイルバッテリーが付いている(Kobo sage限定)

楽天Koboのスリープカバーは落下の衝撃からディスプレイを守るだけでなく、指紋やゴミなどから保護してくれます。

スリープカバーはマグネットがついていて組み立てることで自立してディスプレイが見える状態で置くことができるので机の上に置いて読書することも可能です。また、これは見たことが無いのですがスリープカバーはスマホケースのようにシールなどを貼ってデコレーションすることができるのでやってみるのも良いと思います。

こんな感じで立てかけられます。

Kobo sage限定ですがモバイルバッテリー付きのスリープカバーもなかなか良いものだと思いますので予算に余裕があったり、普段スマホを落す頻度が高い人は必要になります。

おてもと
Koboのスリープカバーは必ずしも必要じゃないけど、スマホケースをしている人は必要かもしれないね。

楽天ブックスでKoboを買うとSPU+0.5倍



カバーが不要なパターンやデメリット

@画像

おてもと
最初の結論にもあったけどカバーが不要なパターンとデメリットも書いておくよ~

ココがダメ

  • カバーが布製なのでお風呂などで読めない
  • スマホを落したことが無い人

カバーが不要な人はお風呂で読書したいという方、スリープカバー自体が防水ではないのでカバーを取り外さないといけません(現在防水の端末はkobo libra2/kobo sageの2種類)。また、カバー自体が3,000円ほどするので余計な出費を抑えたい方は不要だと思います。

また、スマホに置き換えますが落下させてヒビが割れてしまった人って結構いると思いますが、逆に一度も落としたことがない人は不要かもしれません、落下といっても年に数回程度だと思いますし自分も数回落してしまいましたがヒビは割れていないので本体はとても丈夫な作りになっていると思います。

IPhoneの画面バキバキの人はスリープカバー必須だね~
わん吉くん
おてもと
スリープカバーとっても出番は限られているからリスクを取れるなら不要!!



楽天Koboのカバーは端末と一緒に買うとお得

楽天Koboのスリープカバーは端末とセット売りの物を買うと安く手に入れることができます、つまりKobo端末を最初に買うときにセット売りの物を買いましょう、あとになって「やっぱりほしいな」となるとセット売りよりも少し高い値段で購入することになります。


Kobo clara単体+カバーだと...
Kobo clara(15,180円) + カバー(3,828円) = 19,008円

kobo clara + カバーのセット売りだと...
kobo clara スリープカバーセット = 17,380円(1,628円安い)

※Kobo clara HD スリープカバー(ローズレッド)の場合

上記のようにセット売りのKobo端末は約1,628円安いので、スリープカバーを買うなら最初に買いましょう。

kobo elipsakobo sagekobo libra2kobo clarakobo nia
サイズ
見た目
楽天KoboのElipsaの見た目楽天KoboのFormaの見た目楽天Koboのlibraの見た目楽天KoboのClaraの見た目楽天KoboのNiaの見た目
価格(税込)46,990円30,800円23,980円15,180円10,978円
解像度227 ppi300 ppi300 ppi300 ppi212 ppi
内蔵メモリ32GB32GB32GB8GB8GB
DL可能数漫画700点
小説28,000点
漫画700点
小説28,000点
漫画700点
小説28,000点
漫画150点
小説6,000点
漫画150点
小説6,000点
バッテリー数週間数週間数週間数週間数週間
ライトComfortLightComfortLight PROComfortLight PROComfortLight PROComfortLight
重さ383 g240.8 g215 g166 g172 g
Pageボタン×××
防水×○ IPX8○ IPX8××
おてもと
スリープカバーとセットがお得。買うなら後じゃなくて先にしよう!

楽天Koboのカバーまとめ

おてもと
この記事で書いた楽天Koboのスリープカバーの説明をまとめてみました。

この記事のまとめ

これだけ覚えよう!!

  • お風呂で読む人は不要
  • スマホを落したことが無い人は不要
  • 読書量が多い人はモバイルバッテリー付きカバーでOK
  • 楽天Koboのスリープカバーは端末とセット売りがお得
  • スリープカバー単体はセット売りと比べると高いので注意

以上楽天Koboのスリープカバーは必要か、不要かでした。必要・不要なパターンは3パターンにわかれるので当てはまった人は参考にしてみてください。

特にお風呂で読む人はびっくりするくらい使わないので、買わなくてOKですよ~。

おてもと
楽天Kobo端末の詳しい記事はこちらにまとめているよ~
参考
楽天koboの端末のおすすめ、性能を徹底比較
楽天koboの端末はこれが正解!種類と性能を比較してみた
参考
楽天KoboとKindleどちらがいいのか
これからの時代は電子書籍!koboとKindleを徹底比較

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

おてもと

おてもとブログ 平日8時間働きながら、副業としてブログを書いています。 楽天アフィリエイトで収益4桁達成、ワードプレスのサーバー代やドメイン代が稼げるようになったのでブログを立ち上げ収益化を目指す!!

-楽天
-,

© 2022 おてもとブログ Powered by AFFINGER5